iHerb最新セール情報はこちら

2月のテーマは「限界を超える」

おそくなりましたが、あけましておめでとうございます。

2018年もモテボディ研究所をよろしくお願いいたします。

2018年の当サイトの目標としてはまだまだ基礎的な記事が充実していませんので、初心者の方がこのサイトを訪れたときに必要な情報が全て揃っている状態にしたいと思います。

12,1月のテーマは「大胸筋の強化」

前回の管理人の筋トレ記録でお伝えしていたように、12月1月は諸事情によりあまり満足に筋トレをすることができませんでした。

3週間まったく筋トレができない期間があり、この時期はさすがに精神的にこたえましたね笑。

僕が筋トレをはじめて、3週間も何もしなかったのは初めての経験だったんで、新鮮っちゃ新鮮でしたね。

色々気付きもありましたので、そこら辺も含めて皆さんに情報を共有していきたいと思います。

12,1月の振り返り

体重の推移

12月の平均体重は73.99kgでした。12月の下旬までは普通に筋トレをしていたので、良いペースで減量を行えていました。

そして年が明けて1月の平均体重は70.7kgです。はい、痩せ過ぎてしまいました。

スポーツをしながら筋トレで体を大きくしている人には共感していただけると思うんですが、どうしても消費カロリーが増えてしまうので食べても食べても体重が減ってしまうんですよね。

半分しょうがないと割り切っていましたが、ちょっと減りすぎですね。72kgくらいで抑えておきたかったです。

3週間ぶりの筋トレ

1月中旬あたりから筋トレを再開することができたのですが、扱える重量が下がりすぎていて絶望しました。

筋トレをしないで減量をすると筋肉が落ちるのだと実感をもって知ることが出来ましたね。

当たり前だろ!って話かもしれませんが、僕は基本的に全部やって確かめる主義なので、これもこれで身をもって体験できたので、より説得力を増して皆さんに情報をお伝えすることができるようになりました。

やはり筋肉というものは燃費が悪くて、生きる上で特に必要のないものですから、消費カロリーが上回っている状態では必要のない、使われない筋肉はどんどんエネルギーに変えられてしまいます

それを防ぐためにも、減量をしながらもとにかく重量を落とさない必要が出てきますね。

ベンチプレス100kgをい挙げられる人が減量をはじめて、体重が10kg落ちたときにベンチプレスで100kgを挙げることができれば、それは筋肉量は維持できているということになります。

もし90kgまでマックスの重量が下がっていれば、ベンチプレス10kg分の筋肉が失われたということですね。

2月のテーマは「限界を超える」

2月はシンプルに「限界を超える」ことをテーマにします。

フォームも大事ですが、とにかく全ての種目、全てのセットで力の限りを出し尽くします。

僕の心のリミッターを外していきたいと思っています。

最近よく言われるのが、『過剰に筋肉を傷つけすぎてはいけない』ということです。

僕もこの考えには賛成ですし、実際に考え方としても教科書的で正しいと思います。

しかしですね、この筋トレは”過剰”だと判断するできるのは過剰に筋トレを行った人だけだと思うのです。

毎日消費カロリーを少し上回る食事を摂り、毎回最小の時間手その筋肉にとって適切な刺激のみ与える。

それが理想なのは分かっていて、目指すべきはそこなのだと理解はできるのですが、その理想に最短距離で近づこうとして本当に近づけるのかどうかは疑問が残ります。

僕の今までの短い人生経験の中で、理想に向かって努力していた場合であれば、遠回りしていたように思えても、実はその遠回りがあったからこそ近道が見えてくることがよくありました。

つまりムダな努力なんて存在しなかったということです。

2月はとにかく限界を超えまくって、次の日動けないレベルの筋肉痛を追い求めます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)