iHerb最新セール情報はこちら

4月のテーマは「ストレッチ種目」

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

4月ということで環境が変わってバタバタしている人も多いかと思います。

そんなときこそ筋トレ!と言いたい所ですが、生活の基盤がしっかりした上で筋トレに取り組みましょう笑。

さて今月のテーマですが「ストレッチ種目」です。

ストレッチ種目って?という方はこちらの記事を読んでみてください。

【保存版】筋肥大に必須のPOF法と部位別メニューを徹底解説

ストレッチ種目は簡単に説明すると、筋肉が伸びている(ストレッチしている)ときに最も負荷がかかる種目のことですね。

例えばダンベルフライなんか分かりやすい代表的なストレッチ種目です。

なんで今月のテーマがストレッチ種目なのかという理由を説明していきましょう。

ストレッチ種目が筋肥大に効果的

単純にストレッチ種目が筋肥大に効果的であると考えられているからです。

例えばベンチプレスは高重量が扱えますし、それに応じて筋肉に刺激を与えることもできます。

しかし、ベンチプレスでは大胸筋を十分にストレッチさせることができません。良くも悪くも、力を発揮しやすい部分だけなのです。

そして負荷が上腕三頭筋や肩に分散してしまうのも難点です。

それに対してストレッチ種目は基本的に対象とする筋肉にのみ負荷を与えることができます。

加えて、文字通りストレッチした状態の筋肉に刺激を与えられるのもストレッチ種目の強み

極端な話、ベンチプレスだけをしていると大胸筋は分厚くはなりますが、広がりにくいです。

筋肉の端っこを使えていないので当然と言えば当然です。

それを避けるためにもストレッチ種目をしっかり取り入れて筋肉を余すところなく刺激してあげる必要がありますね。

ストレッチ種目は山本義徳さんもオススメしている!

みんな大好き山本義徳さんもストレッチ種目を取り入れることを強くすすめられています。

これで悩み解決 部位別トレーニング法-胸と背中、腹編-

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

山本義徳さんの業績集はkindle unlimitedに入れば全て読むことができます。現在一ヶ月体験キャンペーンがありますので、一ヶ月間無料で読むこともできます。

kindle unlimited無料体験

なお、kindle unlimitedで読む場合は出来れば最後のページまでめくってくださると著者的に嬉しいようなので、利用される方は出来ればご協力お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)