iHerb最新セール情報はこちら

【2018】PRO QUALIFIER結果速報【プロになったのはまさかの…】

2018年11月17日(土)は『IFBB PROFESSIONAL LEAGUE PRO QUALIFIER』です。

プロクオリファイヤーは『IFBB PRO』になる権利プロカードが発行される大会です。

誰にでも『IFBB PRO』が目指せるようになった業界の裏側についてはこちらの記事をどうぞ。

【2018】JAPAN PROウィークエンド | 知れば100倍楽しくなる裏側を紹介

プロカードが発行される大会が日本で行われるのは『PRO QUALIFIER』が初めてです。

日本人で『IFBB PRO』を目指す選手たちがこぞって参加するこの大会、熱すぎる…。

恐らく、いや確実にこれまで日本で行われてきたアマチュアの大会史上最高にレベルの高い熾烈な争いが繰り広げられること間違いなしです。

プロクオリファイヤー中に開催されているiHerbのセールも見逃せません。

iHerb(アイハーブ)コード『SUPPS』入力でサプリ11%OFF+11%のロイヤルティクレジット還元

まずは参加を表明している注目選手からみていきましょう。

注目選手を紹介

カネキン

最も注目されているのはカネキン選手でしょう。

ビーフ佐々木クラシックでオーバーオールチャンピオンになったカネキンさん。プロクオリファイヤーではどこまで通用するのか楽しみでしょうがないです。

見ての通り既に絞りは完璧。後は大会までの数日間の調整でどこまで仕上げてくるのか…。

今最も勢いのある選手の一人でしょう。

【2018】カネキンがYouTubeでオススメした7つのサプリメントを全て解説

アントニオ小池

NPCJの大会だけではなく、CJBBFの大会でも出場したほとんどの大会でオーバーオールチャンピオンをかっさらっていくアントニオ小池選手。

弱点が一切見当たらない完璧な彼のフィジークはプロクオリファイヤーでどこまで通用するのか…。

出場するクラスはカネキンさんがBクラスに対して小池さんはCクラスなので、対決するとしたらオーバーオールですね。

鹿晨辉

View this post on Instagram

称重花絮

A post shared by 鹿晨辉 (@luchenhui2018) on

ボディビルの選手ですが、見てくださいこの動画を。

顔を加工して小さくしているわけではなく、当然無修正です。

遠近感が揺らいでしまうほど強烈な骨格の持ち主、鹿さん。

View this post on Instagram

More pics from @luchenhui2018 @jay_deer_ 2-days out

A post shared by Milos Sarcev (@milossarcev) on

山岸さんが師事しているミロスさんの弟子です。(メガネをかけているとめちゃくちゃ強くなったのび太くんに見えますね笑)

彼が参戦しにくると聞いてボディビルのプロカードを狙っていた人たちは戦々恐々としていることでしょう。

開催日時、場所、スケジュール

開催日時:2018年11月17日 (土)

会場:ベルサール渋谷ガーデン

住所:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-17 ( 地図 )

開催時間:16:45

詳しい情報は公式サイトをチェックしてください。

公式サイトはこちら

チケットの買い方は?

チケットは現在販売中です。

JAPAN PROウィークエンドは3つの大会が時間差で同時に進行するので『17日のチケット』『18日のチケット』のようにその日の分のチケットを用意する必要があるようです。

もちろんオトクな『2DAYS PASS』も用意されています。

『MEET & GREET』、『EXPO』、『AFTER PARTY』に参加する場合も別途チケットが必要となるので参加される場合はチケットを買う必要があります。

チケットはこちら

開催クラス

開催されるのは

・メンズボディビルディング(4階級)

・メンズフィジーク(4階級)

・ビキニ(3階級)

の3つのクラスです。

PRO QUALIFIER結果速報

結果は分かり次第更新していきます。

Bodybuilding 

Bantamweight (69.9 kg以下)

1位

2位

3位

Lightweight (70 kg以上79.9 kg以下)

1位

2位

3位

Light-Heavyweight (80 kg以上89.9 kg以下)

1位

2位

3位

Heavyweight (90 kg以上)

1位

2位

3位

Mens’s Physique

Class A (168 cm以下)

1位

2位

3位

Class B (168 cm以上173 cm以下)

1位

2位

3位

Class C (173 cm以上178 cm以下)

1位

2位

3位

Class D (178 cm以上)

1位

2位

3位

Bikini

Class A (163 cm以下)

1位

2位

3位

Class B (163 cm以上168 cm以下)

1位

2位

3位

Class C (168 cm以上)

1位

2位

3位

オーバーオールチャンピオン

Bodybuilding

 

Men’s Physique

 

Bikini

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)