iHerb最新セール情報はこちら

リプライセルよりも脂溶性ビタミンCを摂ったほうが良い理由

リプライセルって一時期ものすごく流行りましたよね。未だにiHerbのランキングで1位の人気商品ですから現在でも人気があるのでしょう。

ビタミンに関する事前知識がない方は先にこちらを読んで下さい。

筋肉にはビタミン&ミネラルが大事!筋肉の影の立役者ビタミン&ミネラルの役割とは

リプライセルのことをよく知らない方にリプライセルを説明しておくと、ビタミンCは水溶性ビタミンに分類されていて、体内に留まることができずにすぐに排出されます。

しかしリプライセルはリポゾーム化という特殊な技術でビタミンCをコーティングすることにより、消化器官で破壊されることなく血中にビタミンCを届けることができるという商品です。

今でも販売されているか分かりませんが、ビフィズス菌をカプセルで包んで小腸まで届けることができると銘打って販売されていたヨーグルトを想像すると分かりやすいかもしれません。

こんな感じで、ビタミンCが胃酸などで破壊されることを防いで小腸まで届いて血液にビタミンCを送り届けます。

そんなリプライセルですが、僕も以前継続して飲んでいて効果を体感していた過去もありますが、今は全く飲んでいません

なぜ僕がリプライセルを飲むのをやめたのか、その理由をみていきましょう。

リプライセルは僕が初めて買ったサプリメント

サプリメントをよく飲まれる方からするとリプライセルが初めてのサプリメントなんて聞くと驚かれるかもしれませんね。

確か美容に興味を持ち始めた時期だったと思います。「美肌 サプリメント」とかで検索してみると、色んな情報が入ってきました。

どうやらビタミンCが良いらしい。だけどビタミンCは水溶性で、あまり吸収できない?モデルたちの間で流行っているサプリメントがある。リプライセルっていう名前みたい。あ、この人めちゃくちゃ詳しくレビューを書いてる。

そんな感じで僕はリプライセルに出会いました。その頃はまだiHerbで海外通販なんてもちろんしたこともなくて、ドキドキしながらクレジットカードの番号を入力して届くのを待っていた記憶があります。

そして待ちに待って届いたリプライセル。早速次の日の朝から飲みはじめると、たしかに効いてる!?

なんだか体が軽いような気もするし、鏡をみると肌が一段階明るくなったようにも見えました。

これはすごい!と思って即リピート買いです。合計半年は飲んでいました。

もうこれは一生飲み続けよう。そう思うくらいでした。

リプライセルを飲むのをやめたと言うとリプライセルは効果のないただ評判が良いだけのサプリメントと思われるかもしれませんが、そうではありません。

確かに僕の体感としても効果はものすごくありました。でも今はリプライセルを飲んでいないのです。

リプライセルよりも効果のあるビタミンCを見つけた

もう単純にこれが理由なんです。

今この記事を読んでいる方はそれなりのサプリメントマニアな方だと思いますが、初めて買ったサプリメントをずっと飲み続けている人はいないと思います。

それはなぜか。前に使っていたサプリメントよりもコスパや効き目が良いサプリメントを見つけたからでしょう。

ほとんどの方は薬局に売っているような値段が高い割に成分の少ないサプリメントから飲みはじめて、サプリメントは海外が進んでいることを知り、iHerbなどの海外通販でサプリメントを調達していることだと思います。

ビタミンのことについて調べているうちにリプライセルよりも効果のある、かつコスパの良いビタミンCを見つけたので僕はリプライセルを購入して飲むことをやめたのです。

時代は脂溶性ビタミンCだ!

リプライセルにかわるビタミンC、それは脂溶性ビタミンCです。

ビタミンCって水溶性でしょう?どういうこと?

僕もはじめは脂溶性ビタミンCの意味がわかりませんでした。脂溶性ビタミンCなんてものがあるならリプライセルが存在する意味がわからないからです。

水溶性ビタミンであるビタミンCの弱点を補うためにリポソーム化という大層な技術をつかってリプライセルが作られているのに、そもそも脂溶性ビタミンCが存在するならそっちを飲めばいいじゃんと。

実際に脂溶性ビタミンCは実在していてリプライセルが販売されているiHerbでも同じように販売されています。

この理由を考えていましたが、僕の中の答えとしてはリプライセルは「単純に流行って人気になりすぎて人気が人気を呼んでいるから」ですね。

リプライセルはとても人気で、実際に効果があるのは確かなのですが、評判が評判を生みすぎてしまっていて、その影に隠れている優れた商品が日の目を浴びれていないのです。

世の中人気があるものが総じて素晴らしいわけではありませんよね。

人が書いた歌を口パクで歌って踊って広告費を使いまくって売上を作るアイドルよりも、自分のやりたい音楽を貫いてありのままで活躍しているバンドの方が影に隠れているかもしれませんが魅力的だったりしませんか?

ここからは脂溶性ビタミンCについてみていきましょう。

脂溶性ビタミンCとは?

脂溶性ビタミンCとは、一般的な水溶性ビタミンCにパルミチン酸という飽和脂肪酸を結合させることによりビタミンC誘導体としたもののことです。

誘導体というのは、こんな感じでビタミンCにパルミチン酸をくっつけることによりビタミンCを望んだ形に誘導したもののことを言います。

このように水溶性であるビタミンCに脂質であるパルミチン酸をくっつけることにより脂溶性ビタミンCが作られます。

こうして作られた脂溶性ビタミンCは他の脂溶性ビタミンと同じように48時間程度体内に残存し、効果を発揮し続けてくれます。

水溶性ビタミンCと脂溶性ビタミンCのそれぞれのメリット

脂溶性ビタミンCが水溶性ビタミンCよりも全ての点で上回っているかと言うとそうではありません。

まず、脂溶性ビタミンCは水溶性ビタミンCに比べて少し高いです。

こちらの脂溶性ビタミンCは500mgが100錠で1,000円であるのに対して、こちらの水溶性ビタミンCは1,000mgが250錠で1,000円です。

水溶性ビタミンCに加工をして製造されているのでどうしても少し高くついてしまうのはしょうがないですね。

脂溶性ビタミンCはゆっくりじわじわ効いていくタイプなのに対して、水溶性ビタミンCは即効性があります。

まとめると

 コスト持続性効き方
水溶性ビタミンC安いはやい
脂溶性ビタミンC少し高いゆっくり

特徴を理解して2種類のビタミンCを使い分けるのが賢い使い方です。

2種類のビタミンCの使い分け方

水溶性ビタミンCと脂溶性ビタミンCの摂取の仕方についてみていきましょう。

まず水溶性ビタミンCについてですが、こちらは水溶性であり、過剰摂取の心配もそこまでありません。

ですので、1日3〜5g程を小分けにして食後に飲むようにしましょう。すぐに排出されてしまいますが、排出されるまでに臓器や血液をめぐってビタミンC濃度を一時的に高めてくれます

次に脂溶性ビタミンCですが、こちらは1日に1gを目安に摂取してください。

ここは知っておいてほしいポイントですが、脂溶性ビタミンCはパルミチン酸と結合していますので、1g摂ったからと言ってビタミンCを1g摂取できているわけではありません

一般的に脂溶性ビタミンCは1錠500mgですが、そのうち300mgがパルミチン酸で200mgがビタミンCです。

ですので、脂溶性ビタミンCを1g摂取したい場合は1錠500mgを5錠飲む必要があります。

朝2錠、昼1錠、夜2錠が理想的な飲み方ですね。

このようにして水溶性ビタミンCと脂溶性ビタミンCを組み合わせることにより、両者のいいとこ取りができますので是非お試しください。

オススメのビタミンCはどれ?

オススメの水溶性ビタミンCと脂溶性ビタミンCを紹介します。

水溶性ビタミンC

水溶性ビタミンCで1番のオススメは

California Gold NutritionのビタミンCです。コスパも悪くなくなんと言ってもレビューの数とその評価の高さですね。オススメです。

安い方がいい場合はこちらがオススメです。大体nowの製品は最安値ですね。たまに悪いレビューがついています。僕はnowの製品で品質が悪かったことは一度もなかったですね。

脂溶性ビタミンC

脂溶性ビタミンCならこれがダントツです。

Source Naturalsの脂溶性ビタミンCです。いろんな脂溶性ビタミンCを試してきましたが、個人的にはもうこれ以外飲みたくないですね。それくらいオススメ。

ビタミンのことをもっと詳しく知りたい

この記事でビタミンについて興味をもってもっと詳しく知りたいと思った方はこちらの書籍を読んでみることをオススメします。

山本義徳さんの業績集はkindle unlimitedに入れば全て読むことができます。現在一ヶ月体験キャンペーンがありますので、一ヶ月間無料で読むこともできます。

kindle unlimited無料体験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)