iHerb最新セール情報はこちら

筋トレするならフィッシュオイルは欠かせない。減量・増量どちらにもオススメ

フィッシュオイルって知ってますか?

直訳した通り、フィッシュオイル=魚の脂です。脂質に分類されるものなので、トレーニーの方からするとちょっと敬遠したくなる気持ちも分かります。

憎き体脂肪の源となる脂質はできる限り控えたいものです。

しかし脂質は脂質でも良質な脂質というものがあります。フィッシュオイルというのはその代表格と言っていい存在です。

今回は脂質の知識、フィッシュオイルの素晴らしさを紹介しましょう。

この記事を読めば避けるべき脂質、積極的に摂取するべき脂質、フィッシュオイルの知識がよく分かります。

良質な脂質と控えたい脂質がある

脂質の主成分は脂肪酸でグリセリンに3つの脂肪酸が結合しており、それを脂質と呼びます。

問題はこの脂肪酸で、脂肪酸にはいくつか種類があるのです。

分かりやすい図があったので引用させていただきます。

(http://kenkou-jyouhou.net/より引用)

私たちの体では一価不飽和脂肪酸であるオメガ3、オメガ6に分類される脂肪酸は体内で合成することができませんので、この2つは外部から摂取する必要があります。

そのため、オメガ3、オメガ6は必須脂肪酸と呼ばれています。

オメガ6の部分を見ていただきたいのですが、オメガ6はサラダ油やマヨネーズに含まれていて、これはほとんどの人が摂り過ぎてしまうものです。

「アトピーを悪化させる」と書いてあるように、オメガ6は肌の炎症を促します。このことから、当研究所としてはオメガ6はできるだけ避けることを推奨します。

逆にオメガ3は「アトピーを改善」つまり、肌の炎症を抑えるのです。

なんとなくオメガ3は良くてオメガ6はあまり良くないことが分かったと思います。

オメガ6もただ悪者な訳ではなく、摂り過ぎがダメだということを理解してください。

日本人の普通の食生活では、オメガ6の摂取量は多過ぎ、オメガ3は少な過ぎるので、それを改善するだけで肌質や肉体が大きく変わっていくはずです。

オメガ3脂肪酸(フィッシュオイル)をもっと詳しく

オメガ3脂肪酸(フィッシュオイル)を摂ることにより得られる恩恵をもっと紹介しましょう。

  • 筋肉の合成を促す
  • インスリン感受性を高める
  • 成長ホルモンの分泌を促す
  • 関節の痛みを和らげる
  • 脳の機能を良くする
  • 脂肪燃焼を促す

これでもかというほど素晴らしい効果を発揮してくれます。

極め付けは、脂質なのに脂肪燃焼を促す点でしょう。

順に解説していきましょう。

フィッシュオイルの効果① 筋肉の合成を促す

フィッシュオイルにはEPAとDHAが豊富に含まれています。このEPAとDHAが筋肉の合成を促進するのです。

EPAとDHAには筋肉の異化(筋肉の分解)スピードを遅くし、筋肉の同化(筋肉の合成)を促進する効果が確認されています。

筋肉を付けるには体をできるだけアナボリックな状態にしておく必要があります。

アナボリックとは体に栄養が満ち足りていて、筋肉に栄養が届きやすく筋肉の合成が盛んに行われる状態のことですね。

逆に体に栄養がない状態をカタボリックと言って、この時はエネルギーを作り出すために筋肉を分解してエネルギー源としてしまいます。

カタボリックにならないように、できるだけこまめに食事を摂りましょう。

フィッシュオイルにはカタボリックな状態を防ぐ効果があります。

筋肥大 = 筋肉の同化 ー 筋肉の異化

これめっちゃ大事です。筋肉が異化する量を同化する量が上回れば筋肥大は起こります。できるだけ体をアナボリックな状態に保つのにフィッシュオイルが貢献します。

フィッシュオイルの効果② インスリン感受性を高める

フィッシュオイルにはインスリンの感受性を高める効果があることが分かっています。

インスリンは筋肉を育てる上でめちゃめちゃ大事なホルモンです。

インスリンの詳しい解説記事をまた書きます。

フィッシュオイルにはこのインスリンの感受性を高めるという素晴らしい効果があります。

感受性と言うと分かりにくいですね。血糖値が上がった時にインスリンが分泌されるのですが、感受性が悪いと同じ量のインスリンでも栄養を吸収できないということです。

インスリンの感受性が悪い状態が悪化すれば糖尿病になる可能性もあります。

フィッシュオイルを摂ることにより、インスリンの感受性を高めて、少ないインスリンの量で筋肉により多くの栄養を届けることができるのです。

フィッシュオイルの効果③ 成長ホルモンの分泌を促す

成長ホルモンは寝てる間に分泌されて筋肉の合成を促す大事なホルモンですね。

EPAとDHAはその成長ホルモンの分泌量を増やすことが報告されています。

フィッシュオイルの効果④ 関節の痛みを和らげる

オメガ3脂肪酸は肌の炎症を抑えると上述しましたね。

関節の炎症を和らげる効果ももちろん発揮します。

筋トレを行うと、筋肉はダメージを受けて酸化が起こったり炎症が起きたりするのは必然です。

フィッシュオイルを摂取することにより、酸化や炎症を抑制し、筋肉の回復を促進します。

フィッシュオイルの効果⑤ 脳の機能を良くする

魚、魚、魚、魚を食べると〜   頭、頭、頭、頭が良くなる〜♪

って歌がありましたね笑。久しぶりに聞いてみたらめちゃくちゃ懐かしかったです笑。

魚を食べるだけで頭が良くなる、訳ではないですね。

筋トレもそうですが、タンパク質を豊富に摂るだけでは筋肉は付きませんよね。

栄養をしっかり摂って筋トレをするから筋力が上がるのです。

フィッシュオイルに含まれるDHA、EPAが脳の栄養となり、集中力や記憶力が完全され、脳の働きが良くなるのです。

脳にもしっかり栄養を与えてあげて、いっぱい勉強すれば頭は良くなりますね。

フィッシュオイルの効果⑥ 脂肪燃焼を促す

フィッシュオイルによる脂肪燃焼効果をこれでもかと解説してくださっているページがありました。

魚を食べると体脂肪が燃焼するメカニズムを解明 EPAとDHAの効果

ちょっと専門用語が多くて分からない部分があるかと思いますので、少し噛み砕いて説明します。

脂肪には「白色脂肪」「褐色脂肪」の二種類あることが知られていました。白色脂肪は脂肪を貯め込むもので、褐色脂肪は脂肪を分解し、熱に変えるものです。

冬眠をする動物たちは褐色脂肪が豊富で、眠りながらも体脂肪をエネルギーに変換して冬を越すことができるのです。

ちなみに人間も赤ちゃんの頃は褐色脂肪が多く、歳を取るにつれて減少していきます。

近年の研究で白色脂肪が褐色化し、褐色脂肪のような機能をもつ「ベージュ脂肪」に変化することが報告されました。

フィッシュオイルを飲むことによるエネルギー代謝の向上は、このベージュ細胞の発現促進によってもたれされるのだということです。

体脂肪って一度付くとなかなか落とせないですからね。増量中であっても出来るだけ脂肪を付けないためにフィッシュオイルは摂取すべきです。

大量摂取には注意!

なんでもそうですが大量摂取すれば、どれだけいい薬であったとしても毒になります。

また体質的に合わない人もたまにいるみたいで、パッケージ通り摂取して胃の不快感を感じれば即摂取をやめましょう。

フィッシュオイルは魚の脂ですから、魚が普通に食べられる人はまず問題ないでしょう。

オススメのフィッシュオイル

フィッシュオイルはCGNのものがダントツでオススメですね。

最近、フィッシュオイルの上位互換とも言えるクリルオイルが人気です。

上のフィッシュオイルでも十分高品質ですが、クリルオイルは汚染されていない海から採れるオキアミから作られるのでより安全です。

オキアミは大量に存在し、環境に与える影響が少ないのもポイントですね。

クリルオイルも同じくCGNのものがオススメです。アスタキサンチンも同時にとれるのが嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)