iHerb最新セール情報はこちら

筋トレに飽きずに体を成長させ続けるコツ

何かの物事を継続しているとどうしても”飽き”というものがやってきます。

僕たち人間が物事に飽きるようになっているのは本能によるものだと考えられています。

例えば小学一年生は足し算から習いますよね。でもずっと足し算をし続けている人はいないわけです。もう既にマスターした足し算は飽きちゃってるんですね。それじゃあ算数は面白くありません。

足し算をマスターしたのなら次は引き算、その次は掛け算…のように少しずつ自分の出来ることを増やしていくのが飽きないポイントですね。

今回は筋トレになんとなく飽きてきている人に向けて筋トレを飽きずに長く続けられる方法をお教えしたいと思います。

 

成長し続けることが飽きないコツ

筋トレに飽きるとき、それは多くの場合成長していないから飽きるのです。

例えば半年前のベンチプレスのマックスが70kgだったとして、今日ベンチプレスのマックスを挙げてみると67.5kgだった…。むしろ下がってる…。

例え話ですが、実際に自分がそうなったらと思えば怖いですね。ちゃんとトレーニングしていたのなら尚更。筋トレ大好きな僕でも、もうやーめたって言いたくなるかもしれません。

成長していない、つまり成果が感じられないと努力が無駄だったと感じてしまって飽きてしまうのです。

逆に半年前が70kgだったのに、今日100kg挙げられたらどうですか?ものすごい達成感を感じるでしょうし、次は110kg挙げてやるぞとやる気に満ち溢れているでしょう。飽きるとかそんな言葉が出てくるはずもありません。

この動画を見てください。梅原大吾さんという有名な格闘ゲーマーの方の動画です。

梅原さんは、「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」と仰っています。僕もこれを聞いて、そういうことだったのかと腑に落ちました。

成長し続けること、これが飽きないコツです。じゃあどうすれば成長し続けられるかもっと詳しく説明していきましょう。

 

KPIを取り入れよう

KPIとはkey performance indicatorの略で、日本語に訳すと重要業績評価指標です。主に企業ににおいて使われる言葉なのですが、目標を設定して、その目標に対してどれだけの進捗を得られたのかということを示すものです。

 

たくさんのKPIを用意しよう

KPIはあればあるほどGOODです。

例えば

  • ベンチプレスの重量
  • デッドリフトの重量
  • スクワットの重量
  • 体重
  • 体脂肪率
  • ウエスト
  • 胸囲
  • 見た目
  • etc

このようにKPIがたくさんあるほど良いです。ベンチプレスの重量が下がったのは体重が減少したのが原因かもしれませんし、もしかしたらデッドリフトの重量は伸びているかもしれません。背筋は成長していると判断できます。

 

客観的に現状を把握しよう

まずは客観的に現状を把握することからです。KPIとするものを正確に測定して日付も忘れずにメモっておいてください。

とにかく現状把握をすることからはじまります。

 

目標を立てよう

現状把握をした次は目標設定に入ります。目標設定はすごく大事で高すぎてもダメで低すぎてももちろんダメです。

ただどちらかと言えば高すぎない目標の方がオススメですね。目標を達成できないよりも達成出来る方がうれしいですからね。ギリギリ達成できそうで、頑張らないと達成できない目標設定が理想ですね。

何月何日までに体重〇〇kg!!これもメモっておきましょう。

 

目標に対してどれだけの進捗があったか把握しよう

そして期日がきたらしっかり進捗を確認しましょう。

目標を達成できた方、おめでとうございます!やりましたね!

目標を達成できなかった方、悲しむ必要はありません。普通の人は目標を立てて挑戦なんてしません。あなたはしっかり目標を立てて達成できるように努力したのですから。次は達成できますよ。

 

どうすれば目標を達成することができたのか反省しよう

目標を達成できなかった要因は色々考えられるでしょう。

例えば目標設定が高すぎた、途中サボってしまったなどなど。目標を達成できなかった原因をはっきりと調べて次はどうすれば目標を達成することができるのか反省しましょう。

目標を達成できた場合も、もしかしたら目標があなたにとっては低かったのかもしれません。もう少し欲張ってもいいでしょう。

 

次の目標を立てよう

反省して終わりではなく、次の目標をすぐさま決めてしまいましょう。前回の目標設定の反省を踏まえて、次はギリギリ達成できそうで達成するには今よりも頑張らないといけないなと思うレベルの目標を設定しやすいと思います。

この繰り返しで少しずつハードルを飛び越えていきましょう。ふと振り返ると考えられないレベルになっていると思いますし、基本的にしっかり取り組んでいればどこかしら成長しているので、それを数字として客観的に把握することにより成長を実感しましょう。

 

おわりに

とにかく成長し続けることが飽きないコツです。

飽きないためにもたくさんのKPIを設定して客観的に自分の成長を実感しましょう。

とにかく継続し続けることがボディメイクのコツですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)