iHerb最新セール情報はこちら

ベンチを使ってサイドレイズを行なってはいけない?ジムマナーについて

ツイッターでとあるツイートがとても気になりました。

https://twitter.com/Jay_C_Shell_12/status/1052414793863364610

ベンチを使ってサイドレイズをしていたら、動作の途中にも関わらずグループレッスンを行っていた人にベンチを貰ってもいいかと声をかけられたとのこと。

正直に言って突っ込みどころがありすぎて、文字通りに状況を想像するのが難しくて何度か読み返しました。

ちょうどいい機会なので、ジムマナーについて個人的な考え方を述べていきたいと思います。

普通にサイドレイズではベンチを使う

まずベンチを使ってサイドレイズを行っていたとのことですが、普通にサイドレイズでベンチって使いませんか?使いますよね。

スタンディングではなく、シーテッドにして反動を制限する。さらに反動を制限したいときは長座でもサイドレイズを行ったりします。ひざだけベンチにくっつけて若干姿勢を前にするバリエーションもあるでしょう。

なんならインクラインにしてワンハンドでインクラインサイドレイズ。高重量で行いたいときはベンチのシートを高く設定して、ベンチを支えにしながらワンハンドサイドレイズを行う場合もあるでしょう。

ひとえにサイドレイズと言ってもベンチを活用することによって刺激を自在に変えることができます

動作中に声をかけるのは厳禁

動作中に声をかけるのは本当に本当に危ないのでやめましょう

種目に関わらず、集中してトレーニングを行っている時に声をかけられると思わぬ怪我に繋がります。

例えば、集中して車を運転しているときにとなりで急に大きな声でも出されたら何事かと思って急ブレーキを踏んでしまうかもしれませんよね。

よほど危険な状況でもない限り、動作中に声をかけるのは本当にやめてください。何か話したいことがある場合はインターバル中にしましょう。

混んでいる時間帯にグループトレーニングは避ける

ツイートではグループレッスンとのことですが、友達で集まってトレーニングする場合でも混んでいる時間帯は避けるほうが無難です。

グループトレーニングを行う場合は必然的にその場所を専有する時間が長くなります。

日本のジムの場合設備はかなり限られていることが多いですが、限られた設備を長時間専有するとその設備を目当てで足を運んでいる他の会員の方の迷惑になってしまうことは否めません。

もしできるのであれば、グループトレーニングは空いている時間帯で行ったほうがみんなハッピーです。

特にレッスン、お金が発生する場合は講師としても受講生に十分なトレーニングを行わせるために、他の会員の方のことにまで考えが及ばないこともあるでしょう。

この事件の背景にはそういった事情もあることと思います。

初心者も上級者も関係ない

同じようにお金を払ってジムを利用するというサービスを受けている以上、初心者も上級者も立場は関係ありません

人は人間である前に動物ですし、体が大きいと本能的に気も大きくなってしまうのはしょうがない部分もありますが、だからと言って上級者優先といった風潮は許せません

これはかなり個人的な考えですが、体が大きいと普通にしているだけでも『態度がでかい、横柄』だとか『マナーが悪い』と言われることが増えます。

それを避けるためにもあからさますぎるくらい低姿勢である方が角が立ちません。(異論はたくさんあると思いますが)

もちろん上級者は全部譲れと言いたいわけではなく、初心者に対してマウントするようなことは絶対にやめてほしいですし、使いたい設備が使えなくてもその場で最も合理的なトレーニングが選べるのも上級者である証だと考えます。

ジムに敷居の高さを感じるのが最も悲しいこと

僕の周りの人にジムに通って筋トレをしていることを伝えると

「なんか怖い人多そう」

「マシン使ってたら奪われたりするんでしょ?」

「ある程度鍛えてからじゃないと行きにくい」

のように若干ネガティブな印象を伝えられることがあります。

実際、ほとんどそんなことはなくジムではむしろ本当に体の大きな人ほど優しかったりするんですが、そういったマナーが悪い人も存在するのは事実です。

僕は筋トレと出会って本当に良かったと思っていますし、これを読んでいるトレーニーの方もきっとそうだと思います。

ジムに通って筋トレすることがもっと気軽に、敷居の高さを感じることなくもっともっと沢山の人に広まればいいなと心から思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)