iHerb最新セール情報はこちら

もう三日坊主とはさようなら。筋トレを継続するための3つの習慣化のポイント

さあ、筋トレを始めよう!と誓って筋トレをしてみたものの、三日坊主になってしまった。そんな経験はないだろうか?

筋肉は一朝一夕で成長するものではないので、筋トレは継続しなければ効果は現れません。逆に言えば、継続しさえすれば筋肉は確実に成長します。

では、どうすれば三日坊主の人でも筋トレを継続できるようになるか解説しよう。この内容は筋トレだけでなく、他の物事にも応用できるので是非活用して欲しい。

 

なぜ、三日坊主になってしまう?

そもそも、なぜ人は三日坊主になってしまうのだろうか?勉強、筋トレ、読書、どれもやった方が良いことなんて分かってる。

「よーし、今日から毎日1時間勉強するぞー!」と誓い、その日は1時間くらい勉強した。でも次の日は「昨日勉強したし、今日は気分も乗らないし、まあいいっか」なんて言い訳して、いつの間にか毎日1時間勉強するという誓いさえも忘れ去られていた…。

こういう経験ありますよね…。僕もよくありました。

でも、ちょっと考えてみてください。日常生活に目を向けると、顔を洗ったり、歯磨きしたり、お風呂に入ったりって当たり前のようにやってますけど、なんでできるんでしょう?

他にも、毎日お弁当を作ったり、日記を付けたり。人によっては面倒臭くってやらないようなことをやってたりしませんか?

さっき例として挙げた勉強の話との違いは、それが習慣になっているかどうかです。歯を磨いたりすることは、小さい頃からの習慣になっているんですね。

晩御飯食べて、お風呂に入って、歯を磨いて寝る。ほとんどの人はこういう流れだと思いますが、お風呂入るの面倒だな、今日は歯を磨かずに寝ようかな。なんて思わないですよね?

考える間も無く自動的に体が動いていると思います。

要は、筋トレも習慣化さえすれば、続けられるのです!

5つの習慣化のポイントを紹介する前に、ウィルパワー(意志力)という概念を説明しよう。

 

ウィルパワー(意志力)とは?

ウィルパワーって名前、なんだか胡散臭いですよね笑。日本語に訳せば意志力です。ゲームでよくある隠しパラメータみたいなものですね

ウィルパワーの特徴としては

  1. 有限であり、使うと消耗する
  2. 量には個人差がある
  3. 寝ると回復する

などが挙げられますね。朝、起きた直後がウィルパワーのゲージが最大になっていて、日中活動することによりウィルパワーを消耗していく。そういうイメージです。

重要なポイントなのですが、ウィルパワーの消費量は物事によって異なります。歯磨きと、始めたばかりの筋トレではウィルパワーの消費量が異なるのです。当然ですが、前者が少なくて後者が多いです。

 

筋トレを習慣化するための3つのポイント

それでは、ここから筋トレを習慣化するためのポイントを紹介しよう。

  1. 同時に色々なことを始めない
  2. 途切れてしまってもそこでやめない
  3. とりあえず考える前に筋トレする

の3つです。これら3つのポイントがどのように筋トレの習慣化に貢献するか説明していこう。

 

同時に色々なことを始めない

先ほど説明したように、ウィルパワーというものは有限である。量には限りがあるので大切に使わないとすぐに枯渇してしまう。

こんな経験がないだろうか?新年を迎えると今年の抱負を掲げるものだが

  • 筋トレをする
  • 資格を取る
  • 本を100冊読む

なんて抱負をたくさん掲げて、どれも中途半端なまま次の年が来てしまった。確かにその意欲は大事なのだが、実際に実行出来なければ意味がない。

どうすれば良いかと言うと、タイトル通り同時に始めないことである。

物事を習慣化するには、最低二ヶ月はかかるという研究結果がある。僕の体感としては、一ヶ月でそれなりに習慣化してきて、二ヶ月が経つと生活の一部になる。

この掲げた3つの抱負を年内に達成できるように行動するのであれば、まず筋トレを始める。はじめたての一ヶ月はあまり他のことは始めようと思わない。割り切るのが大事だ。そして一ヶ月が過ぎれば、資格の勉強を少しずつ始める。初めは情報収集でも良い。そして筋トレが生活の一部になってから資格の勉強を本格的に始める。読書の習慣を付けるのはその後からでも遅くない。

着眼大局、着手小局である。着眼大局、着手大局でも結果が出せる人間もいるが、みんながみんなそういうわけではない。小さなところから地道に努力できる人間が最後には勝てる。

 

筋トレを軸として生活を組み立てる

ちゃんと決まった時間に寝て、朝早くから起きて活動しているだろうか?ウィルパワーはしっかり寝ないと回復しないので睡眠は重要である。

筋トレをするときにはウィルパワーが枯渇してしまっていては、継続できなくなってしまいます。そして、その悪いサイクルを繰り返していると自己嫌悪に陥ってしまいます。

とにかく、生活習慣を安定させましょう。まずは寝る時間と起きる時間を一定にするところからです。現代人ですから多少のサイクルの乱れがあるのはしょうがないのですが、寝る前に携帯を触るのをやめるなど改善の余地は多々あるかと思います。

そして、一度筋トレを軸にして生活を組み立ててみましょう。週3回、月、木、土曜日に筋トレを行うとします。月、木は平日ですから、仕事や学校がありますよね?

例えば、ジムが22時に閉まるから、20時30分にはジムに行きたいと。だから、晩御飯を食べる時間を考えると19時には家に帰りたい。じゃあ仕事は18時には切り上げれるように集中して働くと。

このように逆算して筋トレをできるように日々の生活を改めると、意外と仕事や勉強でも成果が出ます。どんどん濃くなっていって好循環が生まれるのです。

ちなみにですが、トレーニング大国アメリカで名だたる有名企業のカンファレンスがとあるホテルであったらしいのですが、朝6時のホテルのジムがオープンすると役員達がなだれ込んで、7時までトレーニングをしてから仕事に行っていたようです。

素晴らしいですよね。恐らく夜遅くまで働いている方達ですから夜にジムに行けないなら朝に行くしかないんですね。そして、彼らはとにかく継続する大切さとトレーニングを行う方が仕事の能率が上がることをしっかり理解しているのです。大物は朝にトレーニングしてます。

 

とりあえず考える前に筋トレする

人は考える生き物です。考えることができるから、こうやって文明が発達したのです。しかし、考えることができるから言い訳をしたり、自分の行動を正当化してしまったりもするのです。

だったら、考えないでいいところは考えなければいいんです。

筋トレの日、雨が降っていたとしましょう。行くの面倒臭いですよね?テンションも上がらないし、別に明日に振り替えても大丈夫かと思ってしまいます。これは根性論ですが、そこで無理矢理にでもジムに行ってしまうのです。

ジムに行ってしまったら筋トレしますよね。そして、筋トレが終わるとすごい気持ちいいんですよ。自分に打ち勝ったということと、体を動かした爽快感。快感ですよ。

その積み重ねなんです。習慣化するまでは、脳よりも先に体を動かす。うだうだとやらない理由を探すのにウィルパワーを使うのをやめて、即行動してしまうのです。

 

まとめ

こうすれば筋トレを習慣にして継続できるということが理解できたのではないだろうか。3つのポイントに共通していることは、ウィルパワーの節約です。

お金と同じで、まずは節約からです。収入はそう簡単に増えるものではないので、いかに節約して手元に残るお金を増やすかが重要ですよね。

ウィルパワーも同じです。スティーブ・ジョブスや、マークザッカーバーグが毎日同じ服を着ている理由は、服を選ぶことにウィルパワーを消耗したくないからなんです。仕事で重要な選択を迫られた時にウィルパワーを残しておきたいのです。(浮気がバレないようにするためという噂もあります笑)

とにかく、筋トレは継続です。一円玉貯金みたいなもので、長く続けた人の勝ちなんです。ぜひ、皆さんの生活の一部に筋トレを取り入れてより良い人生を送ってください。

最後に僕がウィルパワーを理解し、筋トレに応用するために読んだ本を紹介します。どちらも名著ですが、DaiGoさんの本がシンプルで理解しやすいかと思います。

これはオーディオブックと言って本をナレーターの方が読んでいるものです。僕は車を運転するときとか、ジムでトレーニングしている時も聞いていたりします。本よりも気軽に使えるのでオススメです。使い方のコツとしては何度も聞き流して、期間を空けてまた聞いてください。新しい発見があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)