iHerb最新セール情報はこちら

肉体改造をするならトレーニングよりも食事のほうが大事

読者様

さあ細マッチョになるぞ!!!なにからやればいいの?やっぱりベンチプレス?
ちょっと待って。細マッチョになりたいならまず食事を見直すことからはじめよう

管理人

筋トレ初心者が陥りがちなミスの代表は

とりあえず筋トレをすればいい

と思うことです。これは全くの間違い。今までの常識はそうだったかもしれませんが、その常識は捨ててください。

読者様

筋トレはしなくてよくて、食事だけちゃんとすれば細マッチョになれるの?
食事だけちゃんとしても筋肉はつきません。大事なのは『筋トレ、食事、休養』のバランスです

管理人

 

体は会社経営に例えて考えよう

これを読んでいる方は大学生や社会人の方が多いと思いますので、あなたにとっての理想の会社を思い浮かべてみてください。

読者様

ホワイト企業が良い!残業をしたら残業代がついて、しっかり休みもあって人生を楽しめる会社が良い!

あえてブラック企業に入りたいと思う人はいないでしょう。正当に給料が払われて、仕事のスキルも身について、人間として成長していける会社が理想ですよね。

管理人の失敗例『筋トレはするけど食事はあまり摂らない』

これは僕が陥っていたパターンです。

僕が初心者の頃は筋トレは週3回、1回1時間ほどのトレーニングだったと思います。毎回毎回しっかりと体を追い込んではいたのですが、初心者の頃は重量が伸びやすいと聞いていたのに全然重量が伸びませんでした。

それもそのはず、僕は筋トレはしっかりとしていたけど、ご飯をしっかりと食べていなかったのです。

これを会社に例えると、完全なるブラック企業であることがわかります。

僕は僕自身を労働(筋トレ)させるのに、その報酬に値する給料(食事)を渡していなかったのです。

これじゃあ僕の体は期待にはこたえてくれません…。

健全なホワイト経営を行う必要がある

この話はまた別の記事で詳しく説明しますが、筋肉をつけるには消費カロリー<摂取カロリーの状態にする必要があります。

これは絶対です。ここに僕が筋トレよりも食事を先に見直す必要があると言う理由があります。(極度の肥満体型である場合はこの限りではありません)

もし、適切な食事を摂らずに筋トレを行ってもそれはただ体を痛めつけているだけです。

しっかりと筋トレをしたなら、生きるための必要分以上のエネルギーを送り込んであげる必要があります。

もしブラック企業の社長に「給料はこんだけな。まあ日頃の疲れでも癒やしてきて。来月までにあの分野の勉強ちゃんとしていてな」なんて言われてもそんな元気もないし、やる気もないし、何言ってんだコイツって思いますよね。

筋トレはするけど、食事はちゃんと摂らないというのは自分の体をブラック企業のように痛めつけてしまっているという感覚を持ちましょう。

 

筋トレ、食事、休養の重要度の割合

もちろん3つ全て大事なのは言うまでもないのですが、初心者の方にはこう意識してほしいです。

  • 食事 :5割
  • 筋トレ:3割
  • 休養 :2割

初心者はとにかく食事が大事!

体を会社に例えて説明しましたが、本当にその通りなんです。

勤めている会社がホワイト企業なら、働いた分以上の給料をもらえて、しっかり休養もあって、お金を自由に使って自分の人生をより良くしていくことができますが、ブラック企業では厳しいですよね?

ブラック企業に勤めると、精神が削られてしまってしんどくもなるでしょう。

筋トレはとにかく自分が継続できる範囲でやれることを少しずつ増やしていくことが大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)