iHerb最新セール情報はこちら

なぜ筋トレをして筋肉を付ければ女性にモテるようになるのか?科学的に考察する

このサイトは、女性にモテるために筋肉をつける(モテボディになる)というのが主な趣旨です。

筋肉は本当に最高ですよ!Tシャツ一枚でもカッコいいし、愛を注げば(トレーニングすれば)どんどんでかくなる。人は平気で裏切ってくるけど、筋肉は裏切らない!筋肉万歳!しかもモテる!!

と、僕はいつも力説しているのですが、よく聞かれることがあります。

筋肉をつけたところで本当にモテるようになるの?

「はい出た!いつも聞かれるやつ!」って感じなんですが、確かになぜモテるかの根拠を明確に説明せずに、筋肉の素晴らしさばかりを謳っているので、そういう疑問が生じるのも必然だと思います。

管理人

筋肉をつけるには多大な労力がかかります。その結果モテボディになっても、モテなかったら意味ないですよね。筋肉をつければなぜモテるようになるか、お答えいたしましょう。

 

筋肉男子は本当にモテるのか?

早速ですが、この動画を見てください。

筋肉男子はモテるのかという調査をテレビが行ったものです。個人的にはアスリート体型が一番好きですね。それにしても、細マッチョはただのガリガリな気がします。

筋肉好きの女性からはナチュラルが一番支持されていますね。ボディビル、プロレスの人気がないのは名前のウケが悪いせいだと思います笑。

しかし、インターネット投票の結果はどうでしょう。

あれ?細マッチョが過半数の票を集めている…。こんな体細マッチョじゃないでしょ…ただのガリガリじゃん…。

筋骨隆々の人たちより、ガリガリの人の方が人気じゃん。それだったら筋トレしないわ。

そんな声が聞こえてきそうです。でも、ちょっと待って。

テレビの表面上の情報を鵜呑みにするのは危険です。裏に隠された真意を探っていきましょう。

 

そもそも筋肉って何のためにあるの?

筋肉って何のために存在しているのでしょうか?

  • 重いものを持ち上げるため
  • 速く走るため
  • 物を遠くまで投げるため
  • etc

挙げ始めたらキリがありません。スポーツをするには筋肉は欠かせませんね。肉体労働にもある程度は必要になってきます。

ですが、これは現代の話です。ヒトの歴史を知ると話が変わってきます。

はるか昔のヒトにとっての筋肉とは、どのようなものだったのでしょうか?

 

狩猟採集時代の男と女

人間、ヒト、つまりホモ・サピエンスは約20万年前に誕生したと言われています。そして、一般的に知られているように狩猟採集を行っていました。マンモスを狩ったりだとか、木の実を探したりなどです。

ホモ・サピエンスはコミュニティを形成しました、村のようなものです。男は狩りに出て、女は子供の世話をする。

今でこそ結婚制度がありますが、当時はそんなものは無く、野生の動物に見られるように一夫多妻制でした。

そう、一人の強い男がたくさんの女を独占するのです。その時代の女たちは男にどのような要素を求めていたのでしょうか?

 

女が男に求めていたもの

  1. 獲物をたくさん狩ってくること
  2. 自分を外敵から守ってくれること
  3. 権力者であること

主にこの3つです。それぞれ解説してきましょう

 

1.獲物をたくさん狩ればモテた

男たちはグループを形成して狩りに出るのですが、当然全員の成果が同じなんてことはありません。

何人かが勇敢に戦い、足手まといも必ず居たはずです。どのような割り振りをしたかは分かりませんが、肉を貰う割合の大小はあったはずです。

その中で誰がモテたでしょうか?もちろん勇敢に戦って肉をたくさん持って帰ってくる男に決まっています。

 

2.女を外敵から守る必要があった

外敵とは主に他部族のことを指しています。

この時代は現代と比べて格段に倫理観が薄いのです。女の奪い合いは日常茶飯事でした。

この時代では女は常に恐怖と隣り合わせだったでしょう。現代のように夜道を一人で歩くなど考えられません。もし、危険な人物に出くわしたら敵うわけもなく、ひどい目に遭わされたでしょう。

女は男に守って貰って生きていく必要があったのです。

 

3.権力者であればモテた

権力者とはリーダーのことです。リーダーと言っても現代のリーダーとは様子が違います。

戦いの時に先頭を切って勇敢に戦うヒーローです。テストステロン出しまくって勇ましく戦う姿に女は惚れます。

戦い以外でも、皆をまとめ、戦いに備えて稽古をして、召使いに作らせた料理を食べまくっていたことでしょう。

 

なぜこの要素が揃えばモテるのか?

僕が挙げた3つの要素が揃うと、大きな体を作り上げることができるからです。

この時代は現代と違って食料が潤沢ではありません。常に飢餓と隣り合わせでした。

勇敢な男は瞬発的な運動をして、たくさんの肉を食べて、テストステロンをたくさん分泌していた。すると結果的に筋肉質な大きな体となった。

女たちにとっては筋肉質かどうかがイイ男を見分ける目印だったのです。この人に付いていけば、食料も安全も確保されると。

逆に体が貧相な男は、大して評価されることはなかったのです。

 

この法則は現代でも通用するのか?

現代と狩猟採集時代では筋肉に対する価値観が違うことは分かりましたよね。筋肉は女たちにとって生活の担保でした。

でも、現代と狩猟採集時代じゃ訳が違うんじゃないか?日本ならそれなりに安全だし、食料も豊富にある。

管理人

その通りです。現代は昔と比べてはるかに安全です。女性でも平気で夜道を歩く人もいますし、日本では何かの事情で働けなくても食いっぱぐれることはありません。

はい、そうなんです。今の世の中は安全なんです。街には警察が居て、常に安全を提供してくれますし、それぞれが狩りをする必要もなく、お金と食料を交換できます。

我々は文明を発展させることにより、自由と安全を手に入れました。戦うため、守るための筋肉は必要が無くなりました。

 

人間の脳は文明の進化に追いつけていない

人間は約20万年前に誕生したと言われています。一説では40万年前です。そして今は2017年。

日本の場合は縄文時代まで狩猟採集時代だったので、今から3000年ほど前になります。

どういうことか分かりますか?人間が誕生してから、実はつい最近まで狩猟採集時代だったのです。

生物というものは長い年月をかけて独自の成長を遂げていくものですが、3000年などあまりにも短いのです。つまり、僕たちは狩猟採集時代からほとんど成長していないのです。

 

現代の女性たちも頼れる男を求めている

これらのことから、現代の女性たちも頼れる男を求めていると考えられます。だって、脳は狩猟採集時代と変わらないんですから。実は心の中では不安で仕方ないんです。

いくら安全な世の中になろうと、本能では安全だと認識できていないのです。

獲物を狩ってきてくれる男。敵から守ってくれる男を本能的に求めています。

人間があまり進化していないことを裏付ける事実があります。この話を聞けばさらに説得力が増します。

 

なぜ、甘いものをたくさん食べてしまうのか?

ついつい甘いものを食べ過ぎてしまったことってありませんか?お菓子、アイスとか気が付けば食べてしまってはいませんか?

実はこれには原因があります。

昔は甘い食べ物が希少だったからです。そして、甘いものは糖質が豊富に含まれていて、エネルギー源になるからです。

今でこそ甘いものはたくさんありますが、狩猟採集時代には少なかったと想像するに難くはないでしょう。

もし、見つけられたら貪るように食べていたはずです。だって珍しいんですから。敵や動物に食べられてしまう前に腹一杯食べます。

現代でもついつい甘いものを食べてしまうのは、その名残だと言われています。

狩猟採集時代から大して進化していないから、甘いものを見るとついつい本能的に食べてしまうのです。

 

まとめ

  • 女にとって筋肉は男を推し量る指標だった
  • 現代人の脳はほとんど進化していない
  • 現代の女も頼れる男(マッチョ)を求めている

いかがでしたでしょうか?

こうは言っても、たまーに筋トレしてる人はナルシストでキモいみたいなことを言ってくる人もいますが、そういう人は男に相手にされない人が多いです。小学生って好きな人に意地悪とかしますよね?そんな感じなんですよ。口ではあーだこーだ言っても本心は違うことが多いです。

もちろん筋肉を付ければ誰にでもモテるとか、そんな訳はありませんので注意してください笑。

この記事を読んで、より一層筋トレのモチベーションが上がれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)