iHerb最新セール情報はこちら

『筋トレビジネスエリートがやってる最強の食べ方』は日本の未来を変える

 

以前の記事でも紹介しましたが、僕はTestosteroneさんが大大大好きです。

『筋トレが最強のソリューションである』筋トレのモチベーションを高める最強の本

まさに漢の中の漢って感じですね。僕の人生変えてもらったと言っても過言じゃありません。

Testosteroneさんと筋トレして筋トレ終わりにプロテインで乾杯するのが僕の夢の一つです笑。

そんなTestosteroneさんの最新作『筋トレビジネスエリートがやってる最強の食べ方』の紹介です。

と、その前にTestosteroneさんがアメブロを書かれているのはご存知でしょうか?

「筋トレで全て解決する社長」

お尻のことから人間関係まで幅広く語られています。

実はこのブログの記事で今日紹介する本の内容の9割が書かれています。

【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 前編

【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 後編

僕はもちろん本も買いましたが、こういう風に情報を提供していただけるのはすごい嬉しいことです。

皆さんご存知のように日本はフィットネス後進国です。アメリカに比べると遥かに遅れています。

アメリカだとそこら中にジムがあって、サプリメントショップなんかもあったりして、もちろんコンビニにプロテインが売っています。

日本だと東京ならゴールドジムも店舗数が多かったりして、ジムに困ることは少ないかもしれませんが、地方に住んでる方はまず筋トレする環境が無かったりもします。

この問題は日本人みんなが筋トレをすることにより解決されます。

筋トレの需要を高めるのです。そのためにはこうやって正しい栄養学の基礎知識を日本でも広めていく必要があるのです。

みんなが筋トレすれば、ジムは増える、サプリメントなどの価額競争が起こって高品質のものが低価額で買える、トレーニング仲間が増える。

良いことしかありません。僕たち筋トレをしている人たちは周りの人たちに筋トレの素晴らしさを伝えていくべきなんです。

僕は筋トレのおかげで人生が変わりましたし、これからもっともっと筋トレの素晴らしさを伝えていきたい。

Testosteroneさんは先陣を切ってこのような活動をされています。

本当に漢として尊敬しますね。

本の内容の9割がブログに書かれていると書きましたが、残り1割のためでもこの本を買う価値はありますよ!

実際に一日のマクロ栄養素を計算してみると、全然脂質が摂れないことに気付きます。

僕の場合脂質は80gくらいにしてますが、揚げ物なんて食べたら一発で60gいきますよ。

ここで自炊をする必要性が出てきます。でもどういうメニューが良いのかって全然分からないですよね。

レシピ本に載ってるメニューは美味しく作れるように書かれているので、マクロ栄養素なんて度外視です。

ただ鳥の胸肉ばっかり食べてても美味しくありません。そんな人たちのために巻末にたくさんのメニューが書かれています。

脂質が徹底的に少ないものから美味しいのに脂質が抑えられているものなど、一通りマスターすればあとはアレンジを加えるだけで飽きることなくマクロ栄養素を管理しながら食事ができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)