iHerb最新セール情報はこちら

これを読めば丸わかり ウェイトトレーニングのテクニック 山本義徳業績集

この本が出たのは2017年の年末ですね。

バタバタと忙しくあまり読む時間もなく、実際に読んだ知識を筋トレで実践する時間がなかったのでレビューが一ヶ月ほど遅れました。

あまりダラダラと長く書くのが好きではありませんので、結論から入りたいと思います。

この本は間違いなく買いです。というより、買わない意味が分かりません。

この本の内容で650円ですよ。IRON MANより安いですよ、昼ごはんくらい。

こんな情報の塊を650円という低価額で提供してくださっている山本義徳さん(@claymoreberserk)に感謝です。

30日間無料 本読み放題

※学生なら3ヶ月199円

kindle unlimitedのついでにAmazonプライムもオススメです。松本人志のドキュメンタルなども面白いですし、シュワちゃんやシルベスタースタローンたちの筋肉映画も無料で見れます。

30日間無料 プライムビデオ見放題 お急ぎ便無料

※その後は月額わずか400円

それでは内容について触れていきましょう。

二章構成となっていて、第一章が「追いこむためのテクニック」。第二章が「伸ばしていくためのテクニック」です。

第一章「追い込むためのテクニック」

山本義徳さんは常に筋肉には101の刺激で良いと仰られています。

101の刺激とは現在の力が100とした場合、トレーニングの際は101の刺激、つまり限界を少し超えるだけで筋肉にとってはストレスとなり、そのストレスに応答して筋肉が肥大するのだということです。

120、130の刺激を加えてもそれは筋肉を過剰に壊してしまっているだけで回復に時間がかかるのでオーバーワークは禁物です。

この第一章の「追い込むためのテクニック」では少ないセット数、短いトレーニング時間でも101以上の刺激が与えられるテクニックについて紹介されています。

なぜ短いトレーニング時間が好ましいかと言うと、トレーニング時間が長時間になるとコルチゾールという筋肉を分解するホルモンが分泌され始めるからです。具体的にはトレーニングは1時間くらいが望ましいです。

つまりトレーニング時間を1時間として1時間以内に対象とする筋肉に101以上の的確な刺激を与えられるトレーニングをすれば良いということになりますね。

ここではそれぞれは紹介しませんが、第一章には短時間で追いこむためのテクニックがこれでもかと紹介されています。

第二章「伸ばしていくためのテクニック」

第二章では筋肉に新鮮な刺激を与えることを目的としたテクニックが紹介されています。

今流行のFST-7であったり、POF法などのメジャーなものからこれはほとんどのトレーニーにとっては初耳だろうなというトレーニング方法も紹介されています。

個人的に1番読んでほしいのが最後の「マンデルブロ・トレーニングの実際」です。

マンデルブロ・トレーニングというのは山本義徳さんが考案したトレーニング方法で、前作の筋肥大・筋力向上のプログラミングの中に登場し、数々のトレーニーが取り入れ、成果を出しています

実際に僕も試してみたのですが、かなり新鮮な刺激を得ることができました。特にPhase3の低重量ハイレップの日がやばいです。

11月のテーマは「マンデルブロ・トレーニング」

ちなみにこの時点での僕のマンデルブロ・トレーニングのやり方は完全に間違っていました。

Phase3では収縮系の種目をハイレップで行うのですが、ベンチプレスなどの種目でも低重量ハイレップでやっていました笑。これはこれで新鮮でしたが笑。

伸ばしていくためのテクニックの後半では実際のマンデルブロ・トレーニングのメニュー例が掲載されているので、勘違いすることなく正しく行えるはずです。

メニューもゴールドジムでなければできないような種目ではなく、どこのジムでもできるメニューです。是非お試しあれ。

おわりに

毎度のことですが、山本義徳さんの業績集は裏切りませんね。毎回即買いして、その後も何度も何度も読み直しています。

特に前回と今回の作品はトレーニングに関する内容ですので、栄養学よりもとっつきやすくて分かりやすいのではないかと思います。

今のところ販売はamazonのみですね。

30日間無料 本読み放題

※学生なら3ヶ月199円

kindle unlimitedのついでにAmazonプライムもオススメです。松本人志のドキュメンタルなども面白いですし、シュワちゃんやシルベスタースタローンたちの筋肉映画も無料で見れます。

30日間無料 プライムビデオ見放題 お急ぎ便無料

※その後は月額わずか400円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)