iHerb最新セール情報はこちら

『筋トレが最強のソリューションである』筋トレのモチベーションを高める最強の本

[aside]

最速で細マッチョになるためのガイドラインを作りました。細マッチョになるための方法を初心者のかたでも分かりやすいようにまとめています。

最速で細マッチョになるためのガイドラインはこちら

 [/aside]

 

モチベーション。モチベーションとはやる気みたいなもんですね。

みなさんにとって筋トレのモチベーションって何でしょうか?

え、僕は?そんなの

 

 

女の子にモテたいから

に決まってるじゃないですか!笑

今でも女の子にモテたいからっていうのが大きな筋トレのモチベーションの一つなんですが、それ以外にも筋トレを頑張るモチベーションが他にもあります。

もはやモチベーションというよりも、筋トレをしない人生なんて考えられません。

筋トレをすることにより体がカッコよくなって自分に自信が持てて、女の子に(前よりか笑)モテるようになって、ジムに行く時間を作るために効率よく充実した日々を過ごす…。

本当に筋トレと出会えて心の底から良かったって思ってます。そんな僕の気持ちを代弁してくれる本があります。

そう、あの本です。

 

筋トレが最強のソリューションである

 

この本知っている方も多いでしょう。Twitterでいつも筋トレ筋トレばかり言っているTestosteroneさんの本です。知ってても何だか胡散臭さを感じて読んでいない方も多いかと思います。

この本で一貫して主張していること、それは筋トレで99%の問題が解決するということです(無茶苦茶笑)

そりゃあ筋トレしてない人にとったら、んな訳ねーだろ!ってツッコミたくなるのも非常によく分かります。

生きてたらいろんな問題に直面するもんですよね。例えば、5日後に大勢の前でプレゼンをしなければならない。しかも、他の仕事をたくさんあって、土日ももちろん働かないと間に合わない。んー、困った困った。

そんな場合であっても筋トレするんです。それは現実逃避してるだけじゃない?って言われそうですが、全然違う。

むしろ、そんな日々であっても筋トレをライフワークとして取り入れることにより、さらに良い仕事ができるんです。

僕は自分の中で何か迷いが生じたとき、必ずこの本を読むことにしています。

この本を読んで筋トレすると、本当に人生における99%の悩みは吹っ飛びます。そして残った大切な1%の問題に全力を注げるのです。

この本は僕にとってバイブルです。そんなバイブルで、特に僕が好きな部分を紹介させていただきます。

 

メンタルが弱っているときはどうすればいい?

自分、メンタル弱ってるな…。そう思う瞬間って多々あるかと思います。上司に怒られたとき、勉強しても成績が上がらなかったとき。恋人に振られたとき。

メンタルが弱ることなんて誰にでもあります。そんなときは

  1. 8時間睡眠
  2. 週3の筋トレ
  3. 3食ちゃんと食べる
  4. 日光浴
  5. ダンベルに悩みを話す笑

どれも科学的に正しい方法です。メンタルが弱るというのは、ホルモンバランスが悪くなっている場合が多いです。

誰かに怒られたりしたら男性ホルモンであるテストステロンは下がります。そしたらやる気も無くなります。

そこで筋トレですよ。ムカつく上司の体重くらいのベンチプレスして、ストレス発散、テストステロン出しまくりましょう。筋トレが終われば気分爽快です。

ダンベルに悩みを話すというのは犬に悩みを話すみたいな感じですね笑。心にためていることを独り言でもいいので口に出すだけで、案外スッキリするんですよね。

しっかり寝て、たくさん食べて、いっぱい筋トレしましょう。それが本来の人間の姿です。

 

いつも自分に負けてしまう。どうすればいい?

分かります。僕も自分に負けることは多いです。

Testosteroneさんでもジムに行きたくない日があるそうです。そんなときは意志力(ウィルパワー)の鍛錬だと思うらしいです。

仕事が忙しい。睡眠不足。ジムをサボる理由はいくらでもある。〜中略〜「ジム行きたくない」と思ったらチャンス。気分を意志力でねじ伏せ筋トレしろ。司令塔は意志力と筋肉だという事を教えてやれ。

 

気分の問題って結構多いんですよね。あまり寝つきが良くなくて、朝起きたら気だるいことがたまにありますけど、外にでさえすればなんとでもなかったりするんですよね。

 

価値のあるものは簡単には手に入らない

価値のあるもの、つまり筋肉というのはそう簡単には手に入らないんです。自分の周りを見渡してください。筋肉質な人って何人いますか?

全然いないですよね。希少、というのはそれだけで価値があることなのです。宝石なんて最たるもので、見た目の綺麗さよりも希少さが問われます。

しかし、筋肉に関しては己の努力次第でなんとかなります。

だから筋トレするんです。筋トレして自分の価値を上げていきましょう。

 

自分を支配するということ

支配欲と結びつけられるテストステロンだが、この支配欲、他人ではなく自分自身に向くことで真価を発揮する。〜中略〜自分を律することが出来る人が最強である。

自分を律することが出来る人が最強…。つまり、自分に勝ち続けることが出来る人が最強です。(言い換えただけ笑)

自分を律する。これが難しいんですよね。

朝、起きたては誰でも眠いですよ。出来る限り寝てたいし、早起きして勉強なんて…。

通勤電車、kidleで本読むよりもyoutube見たいし、オーディオブックで勉強するより好きなアーティストの曲聞きたいですよ。

休日、仕事で疲れてるから休んでたいし、わざわざジムになんか行かなくたって生きてけますよ。

誰しもこういった言い訳をしてしまうことってありますよ。やった方がいいなんて分かりきってるんですよ。勉強した方がいいし、筋トレした方がいい。

そんな言い訳をしてしまう自分ってダサくないですか?

僕はすごくダサいと思いますね。自分に負けてるだけじゃないですか。

自分に勝つ。シンプルですが、人生を変えるんだったらこれ以上に良い肝に銘じる言葉は無いと思います。

少し、ほんの少しで良いと思います。今日は昨日の自分に勝ちましょう。

 

毎日101%頑張るとどうなる?

昨日の自分を100%とします。そして今日、昨日より1%だけ頑張ったとしましょう。それを1年続けたとしたら、1年後はどうなっているでしょうか?3800%です笑。

ちょっとぶっとびすぎましたね笑。でも、小さな努力を継続し続ければそれだけ大きな力を生む可能性があるのです。

これが複利の強さです。

学校のテスト期間ってなんだかんだテストが近づいてくると頑張りましたよね。そしてテスト期間が終わって、いざ遊べる!ってなってもなんだか違和感を感じたことってありませんか?

遊ぶことが悪なんて言うつもりは無いんですが、「本当に遊んでも良いのだろうか、明日のテストの準備をしないと…あ、もうテスト期間終わったんか。」

僕はテストが終わる度にいつも、どうしてテストが終わったのに勉強しないとってなるのだろうって思っていました。

テストの最終日ってテスト前の学生からすると1000%くらいになってるんですよ。勉強するのが当たり前、明日のテストは3科目で1つは難しいから、それをメインに勉強しようとか。

ですから、テストが終わって急に10%(遊んでばっかり)の生活を送ろうとしても、違和感を感じるんですよね。

頑張ることに慣れていて、頑張らないことができないんです。

少しずつ前に進んで行きましょう。

今日の自分はこれまでの自分の頑張った結果です。

 

おわりに

僕の大好きな本の一部分だけ紹介させていただきました。読み返すたびに、あ、これ名言だわって思う言葉が必ず見つかります。もう何回読み直してるか分からないくらいなのに笑。

実はTestosteroneさんの本は「筋トレが最強のソリューションである」だけではなくて、他にも何冊か出版されています。

どの本も一貫して、筋トレがテーマですが、それぞれ少し味付けが変わっています。

特におすすめな筋トレライフバランスは忙しい現代人に向けて筋トレする時間を捻出する方法が書かれています。これを実行すれば周りの人と圧倒的な差をつけられるので、是非読んでみてください。

そしてそして、なんと筋トレが最強のソリューションであるにはオーディオブックが作られています!

書影

これめちゃくちゃ良いんですよ。オーディオブックはまだそこまで浸透していませんが、なかなか本を読む時間が取れないという人にものすごくおすすめです。

車を運転してる最中、通勤電車、筋トレしてるときにでも、ながら作業をしながら聞けます。

大事なのは、オーディオブックを聞くことに集中しないこと。その代わり、何度も何度も聞くのが大切です。

しかも、このオーディオブックのナレーターはシュワちゃんの日本語吹き替えを担当している玄田哲章さんという方なんです笑。

さすが、筋トレをテーマにしているだけあってそこらへんこだわっています笑。

筋トレが最強のソリューションです。筋トレ、頑張って行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)